eパスタイム

バイン の詳細

バインの詳細

バイン バイン 写真 (C)ネルソンバッチ社
(和名:ヨーロッパブドウ)
【賞味期限】 2020年3月〜2021年1月

バインはこんなバッチフラワーです

バイン イラスト (C)バッチホリスティック研究会

 バイン(Vine)は、他人に命令し支配したがる人に役立つバッチフラワーです。
 このタイプの人は、自分に間違いはないと確信していて、人にも自分の考えを押しつけ、それがその人のためになると考えています。独断的で妥協を許さず、人の感情を無視して、命令に従うことを強要します。自分の思い通りに行かないと、感情的になり、攻撃的になる事もあります。
 パインは、一方的に支配しようとする独断的な思考から解放し、人の考えを認める心を取り戻す助けになります。相手を威圧して従わせるのではなく、相手の考えも考慮しながら、お互いに納得できる結論を目指しましょう。思いやりと気配りを持った、良いリーダーになりましょう。

<バイン の使用例>

バイン の使用例

バインが対応する心の状態

カテゴリ(分類)
(7)他人のことを気にしすぎ
対処したい(癒したい)
否定的な状態
自信家で自分のやり方で人を支配したがる
他人に命令し支配するのが好き、冷酷になったり、権力を厳しく行使する、人の意見を全く聞き入れない、自分勝手
癒されたときの
積極的な状態
<他人への気配り、賢明で愛されるリーダー>
あらゆる問題に対処できる優れた判断力、人の考えを素直に認める、気配りができる良いリーダー
こんな時には、バイン をお試し下さい
こうなりましょう
バインが対応する主な状況の列記〈参考〉

独りよがり。不寛容。支配欲。独断的。揺るぎない信念。強い主張。狂信的。かたくな態度。無慈悲。融通がきかない。思いやりがない。妥協しない。頑固。小事にこだわる。人使いが荒い。

バインが役に立つ 一般的な場面(感情)

離婚問題
相手に譲ったり屈伏するのを頑固に拒んでしまう。まるで不幸になりたがっているように見えるほど
怒り
自分の考えに相手が従わないと怒る
イライラ
相手が言うことを聞かないといらだつ
頑固
がんとして人の話を聞き入れず、一方的に支配しようとする
攻撃的
相手を支配しようとするあまり、厳しく攻撃してしまう
コントロール・支配的
自分に自信があり、相手を思い通りに支配しようとする

お子様に<バイン>

離乳を助ける
意志が強く、断固とした態度で離乳食を拒む
おしっこ・うんち
オマルやトイレを使うのを頑固に拒む
幼児のかんしゃく
支配したがる性格、「こうしたい、ああしたい」と自己主張し、自分の好きなようにできないとかんしゃくを起こす
いじめっ子
攻撃的で、多くを要求し、人を恐がらせ、時には残酷になる。自分より弱い子をいじめる
仲間との関係に悩む
他人を支配して、首謀者になろうとする

ビジネスマン・OLの方へ<バイン>

女性社員をどう扱えばいいのかわからず、困惑している
自分の意見を押しつけてしまい、他人の意見を無視してしまいがちな人に
転職をしたが、社内の人間関係がうまく行かなくて困っている
前の会社での仕事のやり方など、自分の意見を無理に押し通そうとする

介護で役立つレメディ<バイン>

優しくなれない
相手の感情を無視して、強引に従わせようとする
イライラ・怒り・攻撃
相手を威圧して従わせようとし、従わないと怒り攻撃的になる

ペットと飼い主の方に<バイン>

一般的な場面
周りを自分に服従させようと威嚇して攻撃的になったりするボス的な傾向に
若年期
弱い者いじめをする
仲間との関係
高圧的な態度で他のペットをいじめる
新しい家族
新しい家族を服従させるため、威嚇したり、攻撃的になる
過活動
【飼い主】思い通りにならないペットを、無理に服従させようとする

他のレメディとの組合せ参考例<バイン>

否定的な心の状態」には、複数の感情が影響していることも少なくありません。そのようなときには、それぞれの感情に対応する複数のバッチフラワーレメディを組合せることで、より積極的な状態への近づきが期待できます。
バインとの組み合わせ例を幾つかご紹介しますので、参考にしてください。

クラブアップル
度を超えた清潔・整頓好きで、人にもそれを強要する
ホリー
反論されたり、人が期待通りに動かないと激しく怒り出す
ロックウォーター
人にも自分にも厳しい態度をとってしまう
バーベイン
自分が正しいと確信しているので、人には不寛容な態度をとってしまう
ホワイトチェストナット
ある信念や原理原則にとりつかれ、周囲に押しつけてしまう

参考にした資料:『バッチフラワーエッセンス事典』,『バッチの花療法』,『バッチ フラワーBOOK』,『花が癒す子供の心と体』,『男たちの処方箋』,『犬と猫の心を癒すバッチフラワー』

純正バッチフラワーレメディとは

エドワードバッチ博士

バッチ博士のオリジナルだけ

 バッチフラワーレメディは、英国の医師で細菌学者でもあったエドワードバッチ博士が1936年に完成させたもので、その当時から現在まで全く変わることなく、 バッチ博士のオリジナル として受け継がれているのが 純正なバッチフラワーレメディ です。

母液は英国バッチセンター

 バッチ博士の時代からの歴史を持つ純正バッチフラワーレメディは、英国バッチセンター が母液を作ったものだけです。

バッチ博士のサインが目印

 この純正バッチフラワーレメディには バッチ博士のサイン がついていますので一目でわかります。

バッチ博士のサイン

品質保証

 このバッチ博士のサインがついているもののみがバッチ博士の時代からの歴史を持つ純正なバッチフラワーレメディとして認められ、 品質が保証 されています。