eパスタイム

チェリープラム の詳細

チェリープラムの詳細

チェリープラム チェリープラム 写真 (C)ネルソンバッチ社
(和名:べにはすもも)
【賞味期限】 2019年2月〜2021年1月

チェリープラムはこんなバッチフラワーです

チェリープラム イラスト (C)バッチホリスティック研究会

 チェリープラム(Cherry Plum)は、理性を失って、自分をコントロールできなくなってしまったり、衝動的な行動を起こす人に役立つバッチフラワーです。
 このタイプの人は、衝動買いや過食、ギャンブルや喫煙など、やめようと思ってもブレーキが効かずやめられません。感情が高ぶって、発作的に行動したり、妄想を大げさにふくらませたり、泣きわめいて取り乱したりする事もあります。
 チェリープラムは、失いかけた理性を取り戻す助けになります。発作的な衝動が襲ってきても、理性を失わず、冷静に感情をコントロールしましょう。ストレスがかかっても、心を平静に保ち、落ち着いて物事に集中しましょう。
(レスキューレメディ、レスキュークリームにも入っています。)

<チェリープラム の使用例>

チェリープラム の使用例

チェリープラムが対応する心の状態

カテゴリ(分類)
(1)恐れと不安
対処したい(癒したい)
否定的な状態
心の抑制を失うことへの恐れ
自殺を考えるほどの強い恐怖、絶望感、感情が高ぶると発作的に暴力を振るったり、子供を虐待してしまう、飲み会やパーティで暴飲暴食をしてしまう
癒されたときの
積極的な状態
<落ち着いて自分をコントロールできる>
発作的な衝動が襲ってきても、それに耐え、感情のコントロールを失わない、心を平静に保ち、落ち着いて物事に集中する
こんな時には、チェリープラム をお試し下さい
こうなりましょう
チェリープラムが対応する主な状況の列記〈参考〉

感情があふれる。感情が抑制できない。精神が異常になる寸前。何かにとりつかれたような状態。ヒステリー。狂気。錯乱。暴飲暴食。衝動買い。欲望にブレーキが効かない。衝動的な行動。

チェリープラムが役に立つ 一般的な場面(感情)

ビューティー・ダイエット
食べ始めると止まらない!食欲をコントロールしたい。
妊娠後期・出産
出産を控え、悪い想像で頭がいっぱいになり、理性を失いそう
産後
激しい感情を伴う産後の憂うつから、自制心を失い、自分や赤ちゃんを傷つけたいという衝動に駆られそう
流産・死産
自殺を考えるほど取り乱していて、感情をコントロールできない
育児・子育て
自分や子供を傷つけたい衝動に駆られそう
災害に遭われた方へ
恐怖や絶望感から感情が高ぶり、発作的に理性がなくなって自分をコントロールできなくなる
プチうつ
買い物やインターネットに過度に依存する、過食する
恐れ・怖い・心配
自分をコントロールできない感じがして、怖い
落ち着かない
自分にブレーキを掛けられないように感じ、落ち着かない
攻撃的
自分をコントロールできなくなり、発作的に感情を爆発させる
コントロール・支配的
理性を失い、自分をコントロールできなくなる

お子様に<チェリープラム>

幼児期の遊び
感情が高ぶり、ものを投げ、わめきちらし、かんしゃくを起こす
幼児のかんしゃく
ヒステリー衝動に似たようなかんしゃくを起こし、抑えられない
ゲーム中毒
ゲームに心を奪われ、自制心を失っている
自傷行為
自分を傷つけたいという衝動を理性で制することができない
十代の失恋
感情が極度に高ぶり、自殺をしたい衝動に駆られる

ビジネスマン・OLの方へ<チェリープラム>

テレビやインターネットの通販で、つい衝動買いをしてしまう
やらない方が良いとわかっていても、買いたい衝動をコントロールできない人に

介護で役立つレメディ<チェリープラム>

優しくなれない
感情が高ぶって、感情をコントロールできない
不満が爆発しそう
不満な感情が高ぶって、自分をコントロールできなくなりそう
ショック・パニック
感情が高ぶると感情コントロールが効かず、衝動的な行動をとってしまう
イライラ・怒り・攻撃
感情に流されて取り乱したり、理性を失って衝動的な行動をとってしまう

ペットと飼い主の方に<チェリープラム>

一般的な場面
コントロールを失って、自傷行為に走ったり暴れたりするときに
若年期
遊びがコントロールできなくなっている
出産・産後
出産や新生児に恐れ、自制心をなくしているように見える
人間との関係
自分をコントロールできなくなってしまった
新しい家族
自制心をなくして攻撃してくる、自分をコントロールできない
旅行
自制心をなくして、自分をコントロールできなくなってしまった
皮膚の問題
かゆみや痛みのため、冷静さを失っている、患部を過度に噛んだりなめたりしている
不安症
理性を失って、発作的な行動をとる
分離不安
不適切な排泄や破壊行動、過剰な吠えをコントロールできない状態
強迫症
コントロールを失って、自傷行為をしてしまう
過活動
過剰に毛づくろいをしたり、自傷行為をしてしまう
過活動
【飼い主】思わず、叱り過ぎてしまう
攻撃(遊び)
遊んでいるうちに興奮してきて、噛みつく

他のレメディとの組合せ参考例<チェリープラム>

否定的な心の状態」には、複数の感情が影響していることも少なくありません。そのようなときには、それぞれの感情に対応する複数のバッチフラワーレメディを組合せることで、より積極的な状態への近づきが期待できます。
チェリープラムとの組み合わせ例を幾つかご紹介しますので、参考にしてください。

ホリー
感情的なプレッシャーをかけられ、発作的な激しい怒りに襲われる
レッドチェストナット
人の心配をし過ぎて、今にも平静を失いそう
ロックローズ
突然パニック状態に陥り、気が変になりそう
スターオブベツレヘム
心に深い傷を負い、気がおかしくなる寸前
ホワイトチェストナット
同じ考えにとりつかれ、堂々巡りで今にも気が変になりそう

参考にした資料:『バッチフラワーエッセンス事典』,『バッチの花療法』,『バッチ フラワーBOOK』,『花が癒す子供の心と体』,『男たちの処方箋』,『犬と猫の心を癒すバッチフラワー』

純正バッチフラワーレメディとは

エドワードバッチ博士

バッチ博士のオリジナルだけ

 バッチフラワーレメディは、英国の医師で細菌学者でもあったエドワードバッチ博士が1936年に完成させたもので、その当時から現在まで全く変わることなく、 バッチ博士のオリジナル として受け継がれているのが 純正なバッチフラワーレメディ です。

母液は英国バッチセンター

 バッチ博士の時代からの歴史を持つ純正バッチフラワーレメディは、英国バッチセンター が母液を作ったものだけです。

バッチ博士のサインが目印

 この純正バッチフラワーレメディには バッチ博士のサイン がついていますので一目でわかります。

バッチ博士のサイン

品質保証

 このバッチ博士のサインがついているもののみがバッチ博士の時代からの歴史を持つ純正なバッチフラワーレメディとして認められ、 品質が保証 されています。