バッチフラワーレメディのわかりやすい解説

ログイン・ログアウト 買い物カゴを見る

サーバー証明他

バッチフラワーレメディとは

バッチフラワーレメディについてわかりやすく解説

バッチフラワーレメディ

 バッチフラワーレメディとはどんなものなのでしょうか?
 少し詳しく見てみましょう。

自分で自身を癒すことのできる療法(セラピー)

自分で自身を癒すことのできる療法(セラピー)
それがバッチフラワーレメディ(Bach Flower Remedies)です。
バッチフラワーレメディは、1930年代に英国の医師エドワード・バッチ博士によって開発された、 心や感情のバランスを取り戻すための自然療法 です。

 赤ちゃんからお年寄りまで安心して使用することができ、動物や植物にも利用できます。
 また、60ヶ国以上の国々で医師や看護士、獣医師などにも使用されており、英国では薬局を中心に 5,000以上 のお店で取り扱われています。

バッチフラワーレメディ

 あなたは今(あるいは長い間)、困っているとか気になっている感情はありませんか?

自分のこんなところが「イヤ」、もっとなりたい自分があるの・・・・・
本当の自分って?

 心から楽しんだり、心から笑ったり、輝いている自分に出会える旅。
 バッチフラワーレメディの世界はそんな素敵な世界です。

 さあ、一歩足を踏み入れてみて下さい。
 あなたが毎日の生活を穏やかな気持ちで、幸せに満ちて暮らしていくためのパートナーとしてバッチフラワーレメディをそばに置いてください。

ちょっと心が疲れてしまった時・・・
どうしようもなく、やるせない気持ちになってしまった時・・・
緊張して思うように実力が発揮できない時・・・
夜も眠れないほどの様々な想い・・・

 きっと、様々なシーンで、バッチフラワーレメディはあなたの心強い味方になってくれることでしょう。

プロモーションビデオ(5分)

花のエネルギーの瓶詰

 バッチフラワーレメディは、乱れた心や否定的な感情に働きかけ、感情や精神のバランスを取り戻すシステムです。

エドワードバッチ博士

 英国の医師で細菌学者でもあった エドワードバッチ博士 は、花のエネルギーが否定的な感情や精神に働きかけ、肯定的な感情へおきかえていくことを発見し、1936年にバッチフラワーレメディを完成させました。

 バッチフラワーレメディの主体は花のエネルギーが転写された水です。簡単にいうと、花のエネルギーの瓶詰 です。

 「レメディ」という言葉は「治療薬」という意味で使われるのが一般的ですが、他には「救済策、解決方法」などの意味もあります。バッチフラワーレメディは後者の意味合いが強く、「元に戻す」というニュアンスで捉えられています。

 バッチフラワーレメディは、個々の感情に対応する 38種類のレメディ の他に、緊急用のレスキューレメディを中心とした黄色いパッケージの レスキューシリーズ も充実しています。

 バッチフラワーレメディの中身を分析器にかけても、出てくるのは水と、保存剤としてのグリセリンやブランデーだけです。花のエネルギーは、現在の科学ではまだ説明がつきません

 科学的な根拠が無いにも関わらず、バッチ博士が作ったフラワーレメディは、世界中で使われるようになりました。その当時から全く変わることなく、現在まで受け継がれています。
 英国には、バッチフラワーレメディのコーナーを設置している薬局もたくさんありあります。

英国の薬局

バッチフラワーレメディの特徴

 バッチ博士自身も言っていることですが、

 バッチフラワーレメディは、感情に働きかけるもので、薬のように身体に直接働きかけるものではありません。

 バッチフラワーレメディは、薬ではないのです。もし身体症状があれば専門家(お医者さん)にみてもらってください。

 しかし、感情(心)の問題が良くなると、体の問題も良くなることはよく知られています。免疫力が高まるからです。日常生活を、穏やかな気持ちで過ごしていれば、リスクは減ります。

 心とからだは切り離せないもの、そして、病は気から というように体の問題は感情とか緊張とかストレスから始まることはよく言われています。

 バッチフラワーレメディは、自然で穏やかな感じで、自分本来の状態に立ち返るのを助けてくれます。自分の悩みを自分で和らげるための強い味方になります。

 バッチフラワーレメディの主な特徴は次の通りです。

  • 薬と違って副作用の心配がない
  • 習慣性がないので長期間使っても良さが薄れない
  • 他の薬やセラピーと併用できる
  • 赤ちゃんからお年より、通院・入院中の方、動物、植物にも使える
  • シンプルで誰でも簡単に使える

アロマテラピーとの違い

 バッチフラワーレメディは、アロマテラピーと間違われることがよくありますが、バッチフラワーレメディはアロマテラピーではありません。

  • アロマテラピーとバッチフラワーレメディ、どちらも原料は植物です。
  • アロマオイルやハーブティー、植物サプリメントなどは、植物が持っている有効成分を抽出し、その薬効が、嗅覚から脳へ、また、皮膚や胃から吸収され、身体に直接働きかけ変化を与えていきます。
  • バッチフラワーレメディに香りはなく、飲用して使うのが一般的で、花のエネルギーが感情に働きかけ、本来の自分に立ち返るのを助けてくれます。

 アロマテラピーは身体に直接働きかけますが、バッチフラワーレメディは、身体に直接働きかけることはなく、作用の仕方が違っています。

 ワイルドローズ(西洋野ばら)で具体的に比較してみましょう。

ワイルドローズ(西洋野ばら)
ワイルドローズ

バッチフラワーレメディでは

ワイルドローズは、
人生を諦めて、無気力に日々の生活に流されている人
に役立つバッチフラワーです。ワイルドローズを飲むことで、
諦めの気持ちを手放し、人生に対する興味を取り戻す 助け
になります。

アロマテラピー的に見ると

ワイルドローズの実は ローズヒップ と呼ばれ、オイルは細胞の新陳代謝を促し組織の損傷を回復して保護するというような効果があり、お茶としてもビタミンCたっぷりの美容効果の高いものとして知られています。

アロマテラピーにも心理的な効果がありますが、アロマテラピーでは香りや薬効が身体に物理的に働きかける事によって効果が発揮されるのに対し、バッチフラワーレメディは物理的ではなく精神面や感情や性格に働きかけバランスを取り戻していくのです。

バッチフラワーレメディの効果

 バッチフラワーレメディの効果は感情変化として現れ、多くの場合は穏やかに変化していきます。
 あまりに自然に変化が起こるため、自然にひとりでに治まったと思うこともしばしばです。
 以下に感情変化の例を紹介しますので参考にしてください。

  • あまりそのことに囚われなくなったり
  • そういえば気にしなくなったとか
  • よく分からないけど季節を感じるとか
  • 他のものに目を向けられるようになったとか
  • 眠くなったり、夢を見たり、昔のことを思い出したり
  • 今までとは違う見方、考え方をしたりと、いろいろです。

 大方の方は大なり小なり変化を感じているようです。
 本人が気がつかない場合でも周りの人が変化に気がつくことも多いようです。
 お客様の声や体験アンケートを公開しておりますので参考にしてください。

 お客様の声 体験アンケート

 バッチフラワーレメディが世界中に広まったのは、結果の蓄積があったからです。

母液の作り方

 バッチフラワーレメディの核となるのは、植物の持つ癒しのエネルギーを転写した母液です。バッチ博士は、母液を作る方法として「太陽法(Sun Method)」と「煮沸法(Boiling method)」と呼ばれる2種類の方法を考案しました。

太陽法(Sun Method)

母液の抽出:太陽法

 太陽法は、太陽の光を使って母液の元(癒しのエネルギーを転写した水)を作ります。
 その花が最も美しく咲いている時期、良く晴れた日に、ガラスのボールに入れたミネラルウォーターに花を入れ、太陽光に照らすことで、その花の持つ癒しのエネルギーを転写します。これが母液の元になります。

 太陽法によって作られるのは、次のレメディです。

煮沸法(Boiling Method)

母液の抽出:煮沸法

 太陽の力が弱い時期に開花する植物には煮沸法が使われます。煮沸法は、鍋で煮て母液の元(癒しのエネルギーを転写した水)を作ります。
 鍋に入れたミネラルウォーターに花や芽の付いた小枝を入れて煮出すことで、癒しのエネルギーを転写します。これが母液の元になります。

 煮沸法によって作られるのは、次のレメディです。

 上記「太陽法」「煮沸法」で作られた母液の元(癒しのエネルギーを転写した水)に、同じ量のブランデーを加えたものが母液となります。市販されているバッチフラワーレメディには、保存料(ブランデー、植物性グリセリン)30mlに対し、2滴の割合で母液が入っています。

バッチフラワーレメディの品質

 バッチフラワーレメディの母液は英国バッチセンターで、バッチ博士が行っていた当時とおなじ製法で丁寧に作られ、工場で一つひとつボトルに入れられます。

 バッチ博士オリジナル の バッチフラワーレメディにはバッチ博士のサインや花のロゴがついています。このサインやロゴがついているレメディのみがバッチ博士の時代からの歴史を持つ 純正バッチフラワーレメディ として認められ、品質が保証されています。
 → 純正バッチフラワーレメディとは

 「バッチ」、「レスキュー」、「バッチフラワーレメディ」は、英国バッチセンターが母液を作り、ネルソンバッチ社が輸出している製品だけが持つ登録商標です。

バッチ博士サイン、花のロゴ、バッチセンター

日本での現状

 本場の英国と比べると日本ではまだまだ知名度が低い状態ですが、eパスタイムが営業を始めた 2004年 と比べると、かなり知れ渡って来ました。

 トップページにも書きましたが、最近では、ロフトさんや東急ハンズさんなど、大手のお店で買えるようになりましたので、だいぶ手に入れやすくなりました。

 また、テレビや雑誌など様々な メディア で紹介されるようになり、→ メディアでの紹介例

 病院 でも使われるようになって来ました。→ バッチフラワーレメディがある病院

 しかし、売っているお店は都市部にしかなかったり、売り場にあっても店員さんが説明できなかったり、在庫が少なく賞味期限が近かったりと、まだまだ十分な状況とは言えないのが現状です。

 英国のように、近所のお店で買えるようになるのはまだまだ先のような気がします。
 日本では、情報の入手も、商品の入手もネットを利用するのが主流だと思います。